明野だより

アクセスカウンタ

zoom RSS 郷土散策の会 羽村

<<   作成日時 : 2018/04/15 22:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私が20年以上前、東京で所属していた「郷土散策の会」(街歩きの会)。ここ2〜3年、年に一度は参加するようにしていますが、今日は羽村の散策をするので参加してきました。

天気予報では最低の予想でした。昨日夜から今日昼にかけて風雨ともに強く大荒れで、交通機関にも支障が出る、という予報だったのです。ところが朝は確かに雨が降っていましたが、風はなく、その雨も8時頃には上がっていました。これほど良い方に外れたのは、最近稀なことでした。よほど強力な晴れ女(男?)がいたのでしょう。羽村に着いて歩き始めた頃には青空さえ見えていました。
「雨天決行」と言われていたので、万全の雨対策をしていたのに、全くの無駄でした。

羽村は私は50年ぶりになりますが、ほとんど記憶にはありません。玉川上水の取り入れ口の田舎町、という印象でしたが、駅前はきれいな小都市で、町は都会風に整備され、歴史のある神社仏閣や公園に彩られた、大きすぎない住みやすそうな町でした。「羽村、再発見!!」でした。
画像


でも羽村と言えばまず玉川上水取り入れ口です。ここは公園として整備され、玉川兄弟の銅像もあります。桜の時期は素晴らしいお花見会場になりそうです。
画像


このちかくで開かれているチューリップ祭りが目的のひとつだったのですが、今年は花が早くさきすぎてもう花は終わっているのではないかと心配でした。でも、まだまだ十分見ごたえがありました。思っていたのより何倍も広い畑で、地元のボランティアの人たちが長年にわたって準備してきたものだそうで、その努力に頭が下がりました。
画像


そのほか由緒のある沢山の神社仏閣もきれいに整備され、「地元愛」が感じられました。

昔とおなじような気分でワイワイと楽しく散策しました。誘ってくださった昔の仲間(今日の参加は男1人、女7人)に感謝です。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
郷土散策の会 羽村 明野だより/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる